■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
天華百剣 -斬-:棍棒!お前だけは許さん!
天華百剣 -斬-、プレイしてます。そして久しぶりにゲームでむかつきました。原因は、タッチパネル故の操作性の悪さと、敵キャラの金棒を持ったいわゆる棍棒にはめられたからです(笑)

敵キャラの棍棒の方は最近のアップデートで修正が入ったようで、一度棍棒にやられてダウンすると、その後の起き上がり直後から数秒間無敵時間になるようになりました。大分ましになりましたが、付け焼き刃的な対策だと感じています。

むかつきながらも冷静に考えると、敵にしてみればこのゲーム、相手(プレイヤー)は一人、こちら(敵)は複数なので、プレイヤーがダウンしたらすかさずその周りを雑魚で固めて、起き上がり直後に移動出来なくし、そこに棍棒の第二撃を打ち込み「はめる」というのは理にかなっている攻撃だなぁ、とも感じました。アクションゲームのバランスとしてはおかしいですけどね。一対多の状況でダウンするということがどれほど危険なことなのか、ということですね。雑魚と棍棒の奏でるハメというハーモニーに笑い、むかついたわけです。



棍棒は、また修正が入るんじゃないかなぁ、と思ってます。大分慣れたので結構いろんな巫剣でもたまに通常攻撃のみ、かつノーダメージで倒せることもありますが、攻撃を食らう時も何度もあります。スキルぶっぱすればいいのかもしれませんが、それでは面白くないので、通常攻撃にこだわってます。

もう、本当に最初の頃は操作性の悪さと敵キャラの意地の悪さで、すぐにでもプレイを止めた方が良いと思ったのですが、別の部分にとても惹かれているせいで止めきれない。それがキャラゲーの部分。この部分の手間のかけ方がすごいんです。

一人一人巫剣のミニキャラのモーションが違う。リザルト画面でのポーズも違う。普通、ある程度パターンを作ったら、そのパターンで流用すると思うでしょう?私が見た範囲内ですが、今のところ、全キャラ固有モーションがある。ここに制作側のすごいキャラ愛を感じるんです。だから操作性等にストレスを感じていましたが、出来ればそれを解決してゲームを続けたい。これも最初は、もう戦闘をしないでプレイ継続しようかな、とも考えました。戦闘以外の部分だけプレイするようにするという案です。でも戦闘時の巫剣の動きが可愛いんですよ。だからなんとか原因と対策を練ったわけです。

とにかく試行錯誤


公式HPを見ても戦闘のシステム解説など無い。無いくせにプレイしてみると分かりますが、いろんなシステムが入っているんですよ。それをとにかく何度も試行錯誤するために最初にやったのは、巫剣の攻撃をあまり上げず、代わりに防御、体力を上げる、というもの。攻撃が高すぎると、何も考えなくても攻撃を当てさえすれば敵は溶ける。でもそれでは敵の攻撃パターンや攻撃範囲などを理解する前にクリアしてしまう。体力が少ないと試行錯誤するために試しに敵の攻撃を食らうと、すぐ刃こぼれで終了になってしまう。だから時間はかかるようになりますが、試行錯誤出来るようにするために、攻撃をあまり上げずに、防御、体力を上げました。それでやっとこのゲームのアクション部分が少し分かりました。

まるで格闘ゲームのようなコンボや、ダウン。コンボ中断やコンボの遅延入力。いろんな物が組み込まれてます。疾風タイプは4コンボ。標準タイプは3コンボ。強撃、薙払タイプは2コンボ。突撃タイプはまだ持っていないので分かりません。

さらに、コンボの最後の攻撃は攻撃力高め。強撃タイプの二の太刀はすさまじい威力です。だからこれが分かると、一の太刀を入力後、二の太刀を当てるためにわざと少し敵を待ったりするなどの方法も取れるようになる。強撃と薙払タイプであれば攻撃範囲が上下にも少しあるので、棍棒相手に上下に少しずれた状態からこちらの攻撃を当てることが出来るようになりました。いまだに失敗もしますけどね。疾風タイプであれば、周りをうろうろしてなんとか棍棒に一度攻撃を出させて、その後に近づいて攻撃するパターンでやってます。


この動画の1:00, 1:40付近で棍棒が出てきます。



コンボ途中での方向転換。二の太刀の威力も確認出来ます。



たまたま、格好良く避けられたので記録。うまく動けると格好良いし気持ちいいです。スローで見ると、避けた後の入力はまだ下方向のままですが、自動で上方向の敵に攻撃を当てに行っているように見えます。短い距離であれば、追尾するのでしょうか?



そして、手入れ。これもキャラ愛の形の一つ。プレイ継続している理由の一つがこれです。そして、前回の記事で書いたぎゃるがんを久しぶりにプレイしようと思ったきっかけがこれです。共通の何かを感じます。日本のゲームは本当、こういう所は大好きです。かわいいは正義。

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

その他のゲーム | 03:18:31 | トラックバック(0)

FC2Ad