■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
けものフレンズ:第4話 「さばくちほー」を見て
あー、もう!

そりゃ1話の時点から「何か」を感じてましたよ。でも、出来るだけフレンズたちの可愛らしさに集中して、直接考えないようにしてたのに!今回の話で、今まで感じていたぞわっとしたものが、自分の中でピークに来てしまいました。

不思議な世界だよね。通常であれば最初に世界観の説明をナレーション等で流して、見ている人に説明した上で物語を進める手法がオーソドックスだと思うのですが、これは説明をしない。だから登場人物の台詞や情景などから読み解くしかないわけで。もっとおとぎ話的な世界かと思ったら、どちらかと言えばSF。



もう、今回の迷路のゴールにたどり着いたときのボスから再生された記録音声を聞いたときには、なぜか泣きそうになりました。別に画面上では決して悲しいシーンでは無いはずなのですが、いろいろ想像してしまって寂寞のような感情が混み上がってきます。ジャパリコインとか、ゲームしてた頃を思い出します。

1話の時点でもボスから音声が流れましたが、あのときは「リアルタイム通信か?」と思っていたのですが、あれも単なる記録音声の再生だったのかな?


「あいつ、絶滅していなかったのか(安堵、またはうれしそうに)」


強烈な台詞来ました。前後の流れからして、あいつとはかばんちゃんのこと。自分の中で何かがひっくり返った瞬間。これをツチノコが言うという所が、なんだか最高にクールです。

「けものフレンズ」では実在の動物や、絶滅してしまった動物、実在するかどうか分からない動物も扱う、これは知っていましたが、人類が絶滅している可能性については、いつの間にか考えないようにしてました。でも人類だって生き物。絶対絶滅しないとは言いきれない。

いや、フィクションであるお話にショックを受けるのはおかしいと思うかもしれませんが、これはあれですよ。最初から「そういう設定のお話です」と知っていたらショックは受けません。知らずに観ているからショックを受けるんです。

でも、これでは、自分が何の動物であるかをかばんちゃんが知った際に、どうなるんでしょうか?・・・意外に、何も変わらないのかもしれませんけどね。




にほんブログ村テーマ けものフレンズへ
けものフレンズ

テーマ:2017年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

けものフレンズ | 04:24:26 | トラックバック(0)

FC2Ad