■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
私立グリモワール魔法学園(グリモア)プレイ中
このゲーム、実はサービス開始当初からやってます。途中プレイしていなかった期間が少しありましたけど、ほぼ毎日起動してます。これは少し前のイベント結果の自分のツイート。






登場するのは可愛い女の子ばかり。主人公は男設定で、それがプレイヤー。いわゆるハーレムもの。ですが、このゲームの自分的に特筆すべきは、

60名以上にも及ぶ女子生徒キャラをきちんと描き分けているところ


これだけ人数が多いと、他のキャラとかぶったりしがちですが、きっちり描き分けられています。また、各種ストーリー描写において、よくある「シーン毎にキャラの性格が変わる」ということを、ほとんど感じません。(少しは感じますよ)
これはすごい事ですよ。今まで見てきたあまたのギャルゲーで、複数シナリオライターのために、同一人物であるはずのキャラの性格がシナリオ毎に変わるなんて、何度も見てきて、本当に嫌気が差していました。

私が記憶している中では「シスタープリンセス」これは妹が12人いましたが、ゲームでは妹毎にシナリオライターが異なるためか、妹によって残念ながら性格が少し変わっていました。書籍の方は大丈夫でしたけどね。


60人の女生徒たちの横のつながりを描いている事


話をグリモアに戻しますが、この手のハーレムゲームで多いのは、各ヒロインと主人公(プレイヤー)の関係は描くけど、各ヒロイン同士がどう付き合っているのかという横のつながりは一切描かないのが多いです。あるいは描けないのか。このゲームではそれを描いているので、このキャラクターたちの群像劇としても見られます。


過激露出の修正


そして一悶着あった女子生徒キャラの過激露出の修正。これを私はリアルタイムで体験しました。ただ、私はこの修正のおかげで、より好きになりましたよ。いつも痴女かと思うくらい露出しているキャラより、ちゃんと慎ましさを持っているキャラの方が好きです。恥じらい、大事です。


各キャラの成長や人間関係の変化していく様を毎日少しずつ体験できる


で、さらに好きなのが、各キャラの成長や人間関係の変化していく様を毎日少しずつ体験できるところ。群像劇の醍醐味の一つですよね。そこで例として挙げたいのが「来栖焔」というキャラ。このキャラ最初の方は本当に可愛げの無い、きつい性格のキャラだったんです。1年以上?そういう状態でした。それが、ある重要なイベントを体験して以降、性格が少しずつ変化しているのです。いいですか?少しずつ変化しているのです。急にツンキャラがデレになった、などというものではありません。あくまで、少しずつ変化しているのです。

「あのキャラ、最近まるくなったな」という感覚を楽しめます。

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

その他のゲーム | 04:05:09 | トラックバック(0)

FC2Ad