■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
Forza Horizon 2:痛車を魅力的に写したい
なんとかForza Horizon 2(以下、FH2)でも、本家Forzaのような痛車の美しいリプレイを見たいと思い、いろいろ試行錯誤した結果、前回も書きましたがFH2にはTVカメラ中継風定点カメラが無いということが致命的で、どうしてもレースのリプレイを本家Forza並に美しく見せるのは、不可能とは言いませんが相当に難しく、現実的にあきらめざるを得ない、という結論に達していました。

モチベも落ちたのですが、でも一応ブログに載せるために、特にアイギスの痛車はForza 2の他の方のペイントをまねたので、それを書かないわけにはいかないと思い、前回のアイギス痛車pvを作成しました。
そして作成して自分で見た後に、そういえば本家Forzaではこういうpvは作成できないな、と気づきました。

そしてその後、これもまた撮りたかった痛車(この痛車は私作ではありません)があったので、それのpvを撮りました。



個人的に、とても雨が似合う車なんです。雨の日のグレーの色調にとてもマッチして、シックで落ち着いた雰囲気があります。FH2ゲーム内の静止画(フォト)ではいくつかupしているのですが、動画では撮っていなかったので作成にチャレンジしました。あの雨の雰囲気を動画で表現するのは難しいと思ったのですが、偶然の要素が味方してくれて自分の想像以上に良いものが撮れました。下記がそうです。



壁に寄るとカメラが通常より高くなる場合があって、それを利用しました。最初に、雨に濡れた路面に反射する街灯、お店の軒下を守る小屋根、と続いてpv対象の車(ラブライブ!の痛車)が画面に入ります。動くワイパーもどうしても入れたかったのですが、まともに画面に入れようとするとドライバーの顔が映ってしまいます。顔は入れたくなかった。最低でもドライバーの目が映っていなければ、ぎりぎりOKかなと思い、その角度を探して車を配置しました。

通常のリプレイ速度だと勢いよくカメラが回転してしまうので、ワイパーが映った後付近からRTを少し引いた状態にして、スロー再生にしています。落ちる雨の雫までスローになっているので、まるで雪のようにも見えるかもしれません。スローの再生速度が少しぴくぴくしているのは、私の指の動きがそのまま伝わってしまったためです。雷音はちょうど良いタイミングで鳴ってくれました。
後で見て気づいたのですが、最初に1台車が通り過ぎていきます。これが良い味を出していますよね。あくまで通常の速度で何の変哲もない車が1台ただ通り過ぎる。でもこれだけでその場の空気が伝わりやすくなったと思います。これは偶然です。
お店の明かりを反射して複雑な色合いを見せる痛車、そして車に付いた雨の雫もさらにそれを引き立てます。
いや本当に、自分の想像以上に良い絵が撮れたと思います。



次のpvはアルペジオのイオナ痛車のpv(この痛車も私作ではありません)。これはあまり凝ったことは出来ませんでした。

強いて言えば、最初のカットがタイトル名をとらえていて、それから引いた絵になる、という所くらいです。

3人分の痛車があるので、本当は一つのカットで3台並べて撮りたいのですが、それが不可能なので1台ずつ別々に撮ってつなげたのが下記です。

個人的にドリー系のカメラはあまり使えないと思っていたのですが、カメラに最初車が入っておらず後から入ってくるタイプは、あらかじめ街の様子などをカメラに入れておく手法が使えるな、と思いそういった撮り方をしたのがこれです。
最後のイオナのカットは、最初車がカメラに入っておらず後から入ってきて、その後そのままカメラのフレームから出て行くというタイプのカメラアングルです。車が画面から出て行くと、これで終わり、という感じが少ししますね。そのためこれを最後に持ってきました。

これはあまり凝ったことはしていないのですが、なんというかこの街の空気感は好きです。一つ前のイオナpvは、わざと街の人の姿は入れませんでした。でもこれはわざとお店の前や人が居るところを通って、その街の様子をドリー系のカメラで入れています。(イオナのカットは人が映っていませんけど、代わりに花火が入っています。)


スポンサーシールが多く貼られた、いわゆるサーキット系痛車であれば、本家Forzaのサーキットでの姿が映えると思います。しかし車の所有者が個人の趣味でペイントしました、という感じの痛車であれば、街が似合うと思うんです。その街での痛車をこのFH2なら撮影できます。痛車が魅力的に見えさえすれば、個人的にはその姿がレース中であろうと無かろうと関係ないと思っているので、FH2できれいな痛車を見るというのはこの方向性か?と思うようになりました。これを撮影した後に本家Forza 5 をプレイすると、60fpsの美しさは当然良いのですが、サーキットとガレージでしか撮れないことに不満を持つようになりました。それだけ、私の中ではFH2の街中での痛車が魅力的に見えたということだと思います。

でもこれは写真と同じで、どこでも撮れるけど、どれもがいい絵になるとは限りません。そこが難しいところです。



(おまけ)
これは失敗例です。鳥が羽ばたくところを入れたかったのですが、結局いい絵にならずあきらめました。よく見ると、車も少し後ろに動いてしまっています。失敗ですが、でもこうやって撮影している、という感じは伝わるんじゃないかと思います。


にほんブログ村 トラコミュ Xbox Oneへ
Xbox One

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Forza 関連 | 03:43:44 | トラックバック(0)

FC2Ad