■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
体の向きを使ったフェイント (1) (サッカーゲームとリアルの実例)

守備側(だまされる側)はどこを見ているか?


サッカーで守備のとき、ボールを持った相手選手のどこを一番注意して見ますか?
「ボール?」相手選手の「体の向き?」「足?」「顔の向き?」
※ここではボールを持っていない他の選手の事は、置いておいてください。

これは人によって違うと思いますし、状況(自陣ペナルティエリア内や相手ゴール近く等)によっても見る場所は違うと思います。

以下は私の考え方です。

「ボール」を見る場合だと、相手がボールを動かした後でないと反応出来ないので、どうしても後手に回ります。
※相手の動作を経験などから推測して先読みすることは、ここでは置いておいてください。

「体の向き」を見れば、通常はボールを動かす前に体の方が大きく動くので、相手がボールを動かす前に対応しやすいです。

だから私は、試合中にボールを持った相手の体の向きは、いつも注意して見るようにしています。

つまり動く順番が、(1)体の向き, (2)ボールという順番になります。


私の場合、最初からこういう見方をしていたわけではなく、昔からFIFAシリーズの11onで守備をしているうちに、どうしても相手の次の行動出来るだけ速く察知したくて自然にそうなりました。





これは止まっている状態から、右にドリブルを開始した例。ボールを動かすよりも先に、体が大きく移動方向に傾いていますよね。体の方が、ボールよりもコンマ何秒か先に動くので相手の「体の向き」に注意していれば、相手の動作に対して素早く対応出来ます。


動く順番:(1)体の向き, (2)ボール … では先読み出来ない、体の向きを利用したフェイント類


この「体の向きを利用したフェイント」に気付いたのは、割と最近です。※何度も書きますが私はリアルサッカーの経験はほとんどありません。

簡単な例だと、ノールックパス。ドリブルの進行方向(体の向き)とは異なる方向に、体の向きを変えないままでパスを出します。

これではいくら体の向きを注意して見ていても、次の行動は分かりません。(くどいようですが、他の選手や読みによる推測はここでは置いておいてください。)


次の例は、180°ターン。これはゲームではなくリアルサッカーのシーンです。
リアルでの実施例(1):


FIFAシリーズで行う場合、キックフェイント + 左スティックを進行方向と反対に入れる、で出る180°ターンのフェイントです。
普通のターンだと、体が後ろ向きになるとほぼ同時に、ボールも後ろに移動開始します。しかしこのフェイントは、ボールをまたいで後ろに動かしてから、その後で体の向きを後ろに変えます。動く順番が (1)ボール, (2)体の向き というように、通常とは逆になっています。

だから体の向きを見ていると、相手への反応が遅れます。

つづく。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

FIFA13 | 19:43:03 | トラックバック(0)

FC2Ad