■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
PERSONA - trinity soul - 第26話「浮上する未来」 (2008/07/02追記)
すごかったです。もう、映画のクライマックスを見てるのかと思うくらいに。
ずーっとドキドキしながら見てました。

以下、最終話ネタバレ。



叶鳴について:
シーンは一瞬です。自身のセリフも説明セリフもない。しかし、この一瞬のなんと印象的なことか。


洵が行こうとするシーン:
見ながら思わず慎と一緒に心の中で叫びましたよ、「行くな!」「行かないでくれ!」って。どんだけ感情移入して見てるんだか。


そしてラスト:
エンディング曲が心に沁みます。



あとがき…のようなもの:
この最終話を最後まで見終わった後は、頭の中で今までのシーンを思い出しながら、しばらくぼーっとしてしまいました。書いてる今も、まだぼーっとしてます。

毎週の放送をこれだけ楽しみに待ちながら見たアニメは、私にとっては久しぶりでした。
特に23話の演出は私の琴線を直撃するようで、未だに見ると涙が出ます。
終わるのは寂しい気もしますが、これだけのものを作ってくれたスタッフ、関係者の方々に感謝したい。
この作品を見られて幸せでした。
ありがとうございました。


おまけ:
OPがテロップ無しでビックリしました。わざとですよね?事故とかでなく?



さらにおまけ:(2008/06/30追記)

音楽とシーンのシンクロについて:
私が、今話についてやけに映画的だな、と感じた理由の一つは、どうやら音楽のようです。
今話での劇中の曲が、ほとんどぶつ切りされずに1曲まるまる流れてるんですよ。

・Bパート始まってからの戦いのシーンから、叶鳴のシーン、慎のペルソナ登場の所
・洵と結祈が行こうとするシーン
・エンディング

このそれぞれのシーンで、音楽とシンクロしてる。

映画だとこういった音楽とのシンクロは結構あるので、このことから映画的と感じたようです。



ラストのかえるの置物:
このシーン、最初に見たときは「あー、なつかしい」と思っただけでした。
しかし、何度も見返すうちに、次のように思うようになりました。

過去、諒、慎、洵の三人で住んでいたときは、家の鍵を閉めて外に出るときは、鍵をあそこ(かえるの置物)に置く決まり事があったんじゃないかと。

何話目かで真田さんが家に来た際に、慎があの置物を調べて鍵がない事に驚くシーンもありましたしね。

ラストで、家を出て行こうとする慎が、いつものようにあの置物に鍵を置こうとし、でも、洵が合い鍵を持っている事を確認すると、鍵は置かずに、手の中にぐっとしまい込みます。

つまり、今、あの家にいるのは、慎と洵。
今は居ないもう一人のために、鍵をそこへ置く必要はもう無いのだ。
でも…、もしかしたら…。


という気持ちをぐっと押さえ、慎は鍵を手の中にしまい込んだのではないかと。
そう考えると、この兄弟は一年の月日のうちに確かに成長したのだな、と思えました。

そして不思議なことに、こう考えると今まで悲しいという気持ちで聞いていたエンディング曲が、少しだけ前向きに聞こえてきます。



さらにおまけ2:(2008/07/02追記)
かえるの置物の真実:
私は大変なことに気付いてしまいました。

諒「ただーいま」←に鍵を隠してます。
神郷 父「ジュース、飲むか?」←に缶ジュースを載せてます。
かえるの置物←に鍵を隠してます。

…これも伏線だったんですかぁっ!?

まったく、どれだけ伏線をちりばめているのか。

この習慣?は神郷家ではよくあることなのでしょうか?
慎と洵には無かったよ…ね?



にほんブログ村 トラコミュ PERSONA-trinity soul-へ
PERSONA-trinity soul-

テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック

PERSONA - trinity soul - | 01:30:33 | トラックバック(3)
PERSONA-trinity soul- 第26話(最終話)「浮上する未来」
 ――ここは綾折る海、その凪のほとり――  慎が居た場所は諒の過去の中。飼っていた子犬が撥ねられて死んでしまい、その悲しみがきっかけとなって諒のペルソナが発動してしまったようでした。  慎は現れたアヤネに諒たちに会わせてくれるように頼むと、彼らはもう...
2008-06-29 Sun 02:07:37 | たらればブログ
ペルソナ PERSONA-trinity soul- 第26話「浮上する未来」
ペルソナにより運命を狂わされた兄妹たちの結末…。 兄は全てのペルソナからの解放を願い。 弟は兄弟を助けたいと願った…。 様々な想いの...
2008-06-29 Sun 12:00:06 | SeRa@らくblog
(アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第26話 「浮上する未来」
ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.3 愛する家族の運命をペルソナによって翻弄され、また自らのペルソナで最愛の女性の命までも奪ってしまった諒は、人の精神をペルソナから解放することを望む。慎は、そんな兄の姿を垣間見て胸を痛め、すべての悲劇と混沌を終わらせる...
2008-06-29 Sun 14:31:09 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad