■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
FIFA13:(雑記)野良11onでのカバー
なんだかんだ言いながらも、野良11onを約60試合ほどやりました。
やはり野良の試合の質が、今まで(FIFA12まで)と違います。

野良ならではの、ゴール前にキーパーが居ないような試合ももちろんあるのですが、私が経験した試合数全体で見ると、今までに比べて圧倒的に経験者が多く、質の高い試合内容になっています。



それは動きで分かるのですが、決定的に違うのが、私(RB)が相手にプレッシャーをかけるために少し上がると、即座にチームメイトの誰かが私より後ろに来てカバーしようとします。

野良でRBポジションの私がカバーされるのは、今までで数えるほどしか無かったんですよ。でも、野良だからそれは当たり前として構わず遊んでいました。

今回体験した60試合の内で、私が他のチームメイトにカバーされた回数がとても多く、これは今までの野良からすると考えられません。

RCBのプレイヤーと私(RB)がポジションチェンジして守備する事は、今までもよくあった事なのですが、中盤の選手や私より前のRWのプレイヤーがカバーに下がってきているのを見ると、信じられない思いです。

そして「カバーありがとう」と心の中で呟いて(ボイチャは聞いていますが、マイクは付けてません)、私が元のポジションに戻ると、カバーしてくれていたチームメイトも元のポジションに戻っていきます。

他のプレイヤーのカバーが出来るのは、経験者の中でもかなりの経験者ですよ。こういうプレイヤーが野良試合中に複数人も居るなんて、今までだったら考えられない。クラブの試合待ち時間中などに野良に来ているのでしょうか?



でも、こういう経験者が片方のチームだけに集まってしまうと、ちょっとゲームとしてはバランスを欠いた一方的な試合内容になりがちです。
これも野良なので仕方ないのかもしれませんが、格闘ゲームのように1対1なら、プレイヤーのスキル毎にマッチングする案もありますけど、11対11ですからね。

上記のような展開になって、勝っている方のチームにいると「ちょっと大人げないかも」と思ってしまいます。負けているチームに入っているときは、何とか勝つぞと思うので良いんですけどね。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA13 | 20:12:11 | トラックバック(0)

FC2Ad