■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
FIFA12:Aボタン(Contain 囲い込み)について
twitterでFIFA12というキーワードで見ていると、「守備が難しい」という意見をよく見ます。たまーに「守備が簡単」という意見も見るのですが、今の所とても少数意見です。

あまりに「難しい」という意見の方が多いので、ここでは逆に簡単になっているところを書いておきます。
注:そんなにデモ版をやり込んだわけでは無く、また私は1onはやらないので、勘違いして間違ったことを書いているかもしれません。その際は、ご容赦ください。



・Aボタン(Contain 「囲い込み」)
個人的に、「これはずるいだろ!?」と思うくらい高性能ですよ、これは。私はこれはFIFA11でのLT + Aのジョッキー操作だと思っていたのですが、微妙に違うようです。


違う点(1):DFの立つ位置が自動調整される

FIFA11ではボールを持った相手に対してLT + Aで張り付くと、基本的にその位置をキープし続けました。だからその状態のまま、ボールを持った相手がゴールを横切る形で移動すると、DFも平行移動します。
ところがFIFA12のAボタンだと、DFは常に相手と自ゴールを結ぶ線上微調整しながら立ち続けます。
だから、ボールを持った側が色々動いて振り切ろうとしても、DFは常に背にゴールを背負った形を取り続け、抜かせません。

さらに、相手の動きに対する反応がすごくいいです。良すぎるくらい。つまり、人間が左スティックでやるとしたら、相手の動きを見てから反応せざるを得ませんが、相手の動作に対する遅延がほとんど感じられません。これは少々のラグありきのオンラインでは驚異ですよ。
FIFA11のLT + Aは、結構反応が遅れがちだったので、FIFA12のこれは驚きです。


違う点(2):安全にボールが奪えるなら奪ってしまう

さらに恐ろしいのが、このときDFがとる相手との距離。相手とボールが近い、つまりDFが安全に取りづらいときは普通に距離を空けますけど、いったん相手がダッシュドリブルなどでボールと体の距離が空いたとみるや、自動で距離を詰めます。

そして安全にノーファールでボールを取れるようなら、そのまま足を出して取ってしまいます。

というわけで、私にはAボタンの「囲い込み」はすごすぎるくらい高性能に見えました。


じゃあ、ずっとAボタンで良いのか?というとそうではないです。例えば攻撃側が、相手がAボタンを押している状態にある、と読んだならボールを大きくタッチせず細かくしておけば、自動で取られることは無いのですから。

そこで、Xボタンによる(リスクをかけた)タックルの必要性が出てくるわけです。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA12 | 19:23:23 | トラックバック(0)

FC2Ad