■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
FIFA11:ロブスルーとAI選手の守備
FIFA11のロブスルーは、発売当初からかなり言われた内容です。
11onでRBをよくやる私は、もう自分の後ろのスペースにロブスルーを何回放り込まれたか分かりません。

もうじきFIFA12ですが、このロブスルー時のAI選手の守備について、一応まとめておこうと思います。



FIFA11 ロブスルーに対するAI守備の動き(1)赤○の選手が下方向に向かって攻めている図です。
RBの私(黒枠の黄○)は、ラインを下げすぎないように、基本CBと同じか少しだけ高い位置にいます。こうすることで、ラインの高さコントロールは中央のCBに任せます。








FIFA11 ロブスルーに対するAI守備の動き(2) 赤○の選手がロブスルーを蹴った直後です。
ボールは、まだ空中です。しかし赤○のFWの選手は既に裏に走り込んでいます。
中央の2人のCB(AI選手)は2人共、裏を取られてしまっています。









AI選手の守備がロブスルーに極端に弱いのは、なぜかなー?と考えたのですが、どうもAI選手は上記のような状況の場合に、ボールが実際に自分より後ろに行ってからでないと、後ろに移動しようとしない感じです。
2番目の図を見て分かるように、ボールはまだ蹴った直後なのでDF陣より前にありますが、オフサイドを取れるのはボールを蹴った瞬間(1枚目の図)なので、もう赤○のFWは2枚目の図の時点(蹴った後)ではオフサイドポジションにいてもファールにはならないわけです。(この図だとRBの私が下がっているのでオンサイドですけどね。)だから蹴った瞬間に赤○の選手はDFの裏へ走り出しますが、AI選手の守備は相手をすぐには追いかけず、ボールが頭上を越えたあたりから後ろに移動し出す感じです。
これでは相手FWに対して単純に移動開始のスタートが遅れるので、簡単に裏を取られるというわけです。


DFとしては、この「相手がロブスルーを蹴った瞬間に後ろへの移動を開始しなければならない」ために、とにかく大きく後ろに来そうなボールが蹴られた場合、その瞬間にとりあえず後ろに数歩下がる、という動作をします。そして実際に後ろに来るボールなら全力でボールを追いかけます。
しかし、大きく蹴られたが実際にはDFの裏で無く、前に落ちる短いボールだった場合、先ほど数歩下がったのでそのぶん前に数歩上がってラインの高さを元に戻します。この場合、結果的に後ろへ下がった行為は無駄になりましたが、大きく蹴られた瞬間にボールが前に落ちるか、後ろに落ちるかを瞬間的に判断するのが難しいので、私はこうしています。0.5秒程度迷ってしまったら、もう遅いですからね。


このDFの動きは、リアルサッカーでも見ることが出来ます。ただし、TVではたぶん映りません。当然蹴る瞬間はボールを映してますから、DFはまだ映っていない状況です。
この、ボールが大きく蹴られた瞬間に数歩下がりつつ様子を見て、前に落ちるとみるやラインを元に戻す様は、スタジアムなどでリアルサッカーを見ればよく分かります。リアルではボールの落下点に自動でマークなんて表示されませんから、前に落ちるか後ろに落ちるかの判断は、当然ゲームとは比べものにならない難しさがあるのだと思います。(私はリアルサッカー未経験なので、想像ですけど。)

TV中継でも、もう少し全体の動きが分かるような放送をしてくれれば良いのに、と思います。今のところ、DFの動きを見たければスタジアムで実際に観戦するくらいしか方法がないですから。


テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA11 | 20:16:31 | トラックバック(0)

FC2Ad