■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
FIFA11:守備時のポジショニングの基本
11onの守備時のポジショニングの基本について、図を作成しました。

これは私の個人的見解からの説明図なので、異なる意見の方もいらっしゃるかと思います。これが絶対というわけではありませんので、ご注意ください。



赤が上から下へ攻めており、黄が守備をしている図です。

■立ち位置 その(1):パスを受ける相手のすぐ後ろ

FIFA11 守備時の立ち位置(1) 最終ラインのDFがよく行うポジショニング。パスを受ける相手の裏へのボールは通させない。
足元へのボールは入れられてしまうが、その後すぐには前を向かせない事が可能。
※足元へのパスボールに対し、相手がボールを受ける前に相手よりも前に出て奪う場合もあり。ただし失敗すると裏を取られる。










■立ち位置 その(2):パスの出し手と受け手の中間

FIFA11 守備時の立ち位置(2)中盤の選手が守備時によく行うポジショニング。パスを受ける相手の足元へのボールは通させない。裏へのボールは入れられてしまう。













■立ち位置 その(3):パスの出し手のすぐ側

FIFA11 守備時の立ち位置(3) スタンディングタックルを試みることが可能な位置。パスを受ける相手の足元へのボールは通させない。裏へのボールは微妙。DFの体に当たって通らないかもしれないし、通るかもしれない。このポジションだと、ボールを持った相手のドリブル方向を制限できる。ただし相手に抜かれる危険あり。










[注意]Aボタンによる足元へのパスで無く、Yボタンによるスルーパスは、受け手側にスペースさえあれば通ってしまうのですが、この例では省きました。

よく見られるのが、ANY守備があまり上手くない人が(1)の状態の黄色選手をカーソルで選択し、ボールを持った相手へ向かってダッシュ。(2)の状態になったところで、裏へボールを放り込まれる。という状況を繰り返す事です。パスの受け手のマークを放って、すぐにボールに向かってしまう例です。
こうなると、もう守備はどうしようも無いです。常にパスの受け手にフリーの選手が出来る状態になるので、守備は崩壊し攻撃力のみで戦うサッカーになります。

もちろん、上手い人のANYはそんなこと無いんですよ。

初心者は11onではANYはやらない方が良いです。ちなみに私は初心者では無いですけど、ANY守備はほとんど出来ません。


テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA11 | 00:48:52 | トラックバック(0)

FC2Ad