■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
FIFA11:最近の野良11onのチームプレス
あくまで私の主観ですが、アジアサーバーでのPro Ranked Match 野良11on のチームとしての動きの質が上がってきてます。
ここまでくると、もう野良という言葉が合わないくらい。

具体的に言うと、守備時のチームプレスがすごくきついことがあるんです。

ボールホルダーに群がる、というのが少し前の野良(あるいはアジア以外の野良)だったのですが、最近は足元へのショートパスの出し先3カ所程度を同時に全て塞がれた上でボールホルダーにプレスが来る、ということも珍しくないです。(当然、セカプレでは出来ない芸当です。)

これは相手ボールになった瞬間に、メンバが「パス塞ぐ役」「プレスに行く役」というように瞬時に役割分担しないと出来ないんですけど、これをやるんですよ、自然と。ボイチャも無しで。


守備時の基本的なチームの動きは、こんな感じです。

(1) 相手ボールホルダーに対して、自陣側の一番近い選手がプレスに行く。自分の後ろにキーパー以外の味方がいる場合は(失敗しても後ろがいるので)ボールを取りに行き、そうでない場合は遅らせる守備をする。(シュートエリアでは取りに行く)
(2) それ以外の選手は、自分に一番近い敵選手へのパスコースを塞ぐようにマーク。敵選手一人に自チーム選手が複数付かないように、基本一人に一人付く。(複数付きそうになったら、次に近い別の敵選手に付く。)(敵選手でなく、スペースを埋める位置に立つ場合もあり)
(3) (1)で動いた選手が最終ラインの選手(LB/LCB/RCB/RB)の場合は、そのポジに近い味方が、空いたポジションを代わりに埋めてカバーする

(3)まで行うのは難しいですけど、チームプレスが上手く機能しているチームは、大体この動きがチーム全体で出来ています。野良ってレベルじゃないです、ほんと。

攻撃に関しては自由に行えるせいか連携はそれほどでもないのですが、守備に関しては上記のような組織としての動き方の一般的なセオリーがあるせいか、知らない人同士の野良でもこの程度の動きが出来るんですよ。


よく体験するのが、片方のチームのチームプレスがすごく効いていて、逆のチームはショートパスも上手くつながらない(なかなかフリーになれない)、という状況。

この状況を打破する方法をあれこれ考えるのも、面白いですよ。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA11 | 03:15:11 | トラックバック(0)

FC2Ad