■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
FIFA11:11onの守備もろもろ
Pro Ranked Match(11on)、もう70試合近くやりました。
昨日からサーバーがアジアにつながらず、常にオレンジ2本の米国圏のサーバーで米国の方達と一緒にプレイしています。アジアの時より人は多いです。

ラグは0.5 ~ 0.8 (sec)程度で、ちょっと重いけどプレイできる範囲内。


・ロブスルーの逆回転のボール

私がよくやるポジションがSB(RB)なので、本当大変ですよロブスルーの対処w。後ろにボールを放り込まれた回数は、もう100回超えてると思う。

大変なんだよ、追いかけっこw。

あのロブスルーのボールはただのロブパスのボールとは質が違って、ボールに逆回転がかかってます。
だからロブスルーでスペースに放り込んだボールは、なかなか先に転がらずにその場でとどまろうとするんですよ。
※アリーナでロブスルーを蹴れば、逆回転するボールと、ワンバウンド目がやけに垂直にバウンドする様子が分かります。

ボールがラインを割れば追いかけっこは中断できますけど、なかなかラインを割らないから相手FWと一緒に長い距離を走らないといけない。

ぎりぎり追いついて外にクリア。→相手がスローイン直後そこから即センタリング。→ピンポイントでゴール前の選手に合いゴール。というパターンもあります。


・センタリング

センタリングを上げさせないのも難しいです。FIFA10では相手に張り付いてLT + Aでかなり防げたのに、全然ダメですね。上げられてしまいます。

・ロブスルー
・センタリング(アシストあり)の精度の高さ。センタリングを上げさせない自動追尾LT + Aの弱体化。

この組み合わせで、ロブスルー→センタリング→ヘッドというのが今作のとてもよくある得点パターンになってしまってますよね。

それでも、FIFA10のPro Ranked Matchは前半で10点以上得点することもあるくらいのバランスでしたから、それに比べればFIFA11の方はまだ得点バランスは取れています。


・セカンドプレス

いままでと同じように、11onではセカンドプレスを押しっぱなしにする人が今回もいます。しかし、今回のセカンドプレスは押してもCPU選手がマークをなかなか外さないように感じます。
今までだったら、セカプレを押されたために猛然とダッシュして前線へ駆け上がるCPUのCBが見られるのが野良だったのですが、今作ではセカプレを押しっぱなしにする人は見ても、この駆け上がるCPUのCBをほとんど見ません。
(もちろん、CBを選んで駆け上がるプレイヤーはいます。それどころかGKを選んで…(笑))

このセカンドプレスの変更のおかげで、押しっぱなしにするプレイヤーがいたとしても守備が大崩れしにくいです。


・ダイレクトでのキック

ピンポンパス(ダイレクトで次々つなぐパス)を弱体化させるためなのでしょうけど、ボールをトラップして止めずに、来たボールを直接蹴るダイレクトでのキックが、ミスキックになる場合がありますね。ボスッっとすごく弱いボールになったり。

キーパーにバックパスした場合、キーパーがダイレクトで蹴り出そうとしたボールがミスキックになり、相手に渡ってピンチになる、というパターンを数回見ました。
特にキーパーは、バックパスが来たら余裕があるならきちんとトラップしてから蹴り出した方が安全です。


・ボールクリア

自陣内なら使える、ボタンのため無しですぐに大きく蹴り出せるキックがクリア。
だったのですが、今作は選手の体勢が悪いとすごく短いクリアになるときがあります。余裕があるなら、バックパスや体勢の変更も考慮する必要がありそうです。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA11 | 21:06:52 | トラックバック(0)

FC2Ad