■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■language

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■Xboxゲーマーカード

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■pixiv ブックマーク

■ブクログ

■RSSフィード
■リンク
アニメと倍速補完液晶(2)
RDT232WM-Zを普通のテレビ代わりに使っています。

倍速補完でのアニメ視聴には、すっかり慣れてしまいました。
が、慣れたせいで他の液晶(倍速補完無し)でアニメを見ると、逆に違和感を感じるようになってしまいました。

「あれ、カクカクしてる。あ、そうか。このテレビ倍速補完無しか。」という感じに。



前に書いた、「会長はメイド様!」のOPで私が驚いたカメラパンの部分は、コマ送りで見ると1秒間24コマフルに異なる絵でした。FPS24。

つまり、これ以上はスムーズな動きを描くことは出来ないところまで描いてはいるわけです。1秒間24コマの制限上ですが。
私は、このシーンが補完でスムーズに見えた(FPS24 -> FPS60程度?)ことに驚いていたわけです。

倍速補完は、深夜アニメやADVゲームのプロモーションムービーには、本当よく効きます。
ADVゲームのプロモ映像なんて、動かない絵を材料にして、その絵をスライドしたり回転したりする映像のてんこ盛りですから、倍速補完が効きまくりました。いたる所がスムーズに。
※「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」のプロモムービー等で効き具合を確認。

この「動かない絵」というか、「変形しない絵」だと補完がよく効くようです。

たとえば、こちらから見て、車が横向きから前向きに動く絵では補完は効かず、横向きのままスライドするような絵だと補完がよく効きます。
これと同様に、背景の一枚絵をスライドさせるようなアニメ手法(歩いているシーンの背景など)や、映像全体が上下左右にシフトするような、いわゆるカメラのパンによく効くようです。

咲-saki-で、卓上の麻雀牌を右から左にパンするシーン。牌の並びが少し奥行きもある映像ですが、パンする映像は美しかったです。
その他のアニメ | 21:55:53 | トラックバック(0)

FC2Ad